ウイルスバスター2007のインストールが正常に終了しない

 Windows Vistaに「ウイルスバスター2007」をインストールしたところ、インストールの終了間際で画面がいっこうに変わらず、1時間近く経過しても終了しない事が起こりました。やむを得ず、強制シャットダウン(電源ボタン長押し)して、もう一度パソコンの電源を入れたところ、なんとか起動しました。

 再起動後、画面右下に見慣れたウイルスバスター2007の青いカプセルのアイコンが表示されたのでインストールは無事終了したと思っていたのですが、そうではなかった。青いカプセルに赤い警告が付いていて、ユーザー登録ができない、更新アップデートもできない状況です。

 このような場合、再インストールが最もいい手段かと考え、ウイルスバスター2007のセットアップCDからもう一度インストールをしてみると、「既に最新のウイルスバスターがインストールされている・・・云々」と警告が表示されました。どうやら、再インストールするためには、異常インストールされたウイルスバスターを削除する必要があるようです。ところが Vistaのコントロールパネル「プログラムの追加と削除」からは削除できないのです。困った!

 手っ取り早い方法なら「システムの復元」で、ウイルスバスター2007のインストール前に戻せますが、何となく、再インストール後もまた同じ結果になりそうな予感がしたので、先にサイトで調べて見たところ、次のことがわかりました。

・トレンドマイクロ
WindowsVista環境でウイルスバスター2007のインストールを実行した場合、Windows Vistaの問題によりOSがフリーズし、ウイルスバスター2007のインストールが完了しない場合があります。この場合、マイクロソフト社から提供されている修正モジュールを適用後、ウイルスバスター2007のインストールを再度行ってください。

・マイクロソフト サポート技術情報
http://support.microsoft.com/kb/934611/ja
Windows Vista は、レガシ ネットワーク ドライバを追加するソフトウェアをインストールするとき、 Windows Vista の応答を停止することがあります。

 なんだか、やる事が多くなると気力も消沈します。トレンドマイクロに電話を入れたところ、次のような回避策を聞くことができたのでご紹介します。

画像


1.まず異常インストールされたウイルスバスターを削除する
  Cドライブ内の[Program Files]→[Trend Micro]→[Virus Buster 2007]フォルダ内(機種によってはさらに[Tools]フォルダ内)のPCCTool.exeを実行し、解説画像のようにアンインストールする。(解説画像はXPで作成したもの、VISTAでは実行時にユーザーアカウント制御が表示されるので「続行」ボタン)

2.再起動後、パソコンからLANケーブルを抜く

3.再インストールを行う (確かに今度は上手くインストールが完了しました)

4.パソコンにLANケーブルを差し、ウイルスバスター2007を起動する

5.自動的に「ユーザー登録画面」に進み、登録を済ます

6.更新アップデートも問題なくOK!

マイクロソフト社の修正モジュールは適用せず現在に至りますが、今のところ問題なく動作しています。

"ウイルスバスター2007のインストールが正常に終了しない" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント